BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

雑踏警備検定とは?

2021/02/01
警備業界に興味があるかたなら、「雑踏警備検定」をご存知のかたも多いと思います。今回は雑踏警備検定の詳細について見ていきますよ。

▼雑踏警備検定とは
雑踏警備検定とは、イベント会場などの雑踏で起こる事故や混乱を未然に防ぐのを目的として行われている国家資格です。

イベント会場には必ず雑踏警備検定の有資格者を配置しなければならない決まりがあります。

イベント会場の規模により有資格者を何人配置するかは異なりますが、イベントが多い夏場などは、特に重宝される資格です。

雑踏警備検定には1級と2級があります。

▼雑踏警備検定の受験資格は?
雑踏警備検定の2級は、特に受験資格の制限はありません。

1級を受験したいかたは、2級に合格後、規定の警備業務に1年以上従事しないと受験資格が得られませんので、注意が必要です。

▼雑踏警備とは
「イベント誘導」などと呼ばれることもある雑踏警備。

混雑するイベント会場で人や車を誘導したり、不審人物がいないかなどをチェックするのが主な仕事です。

人や車を誘導する際は、誘導灯を使ったり紅白の旗を使ったりと、さまざまな方法で業務をおこないます。

▼まとめ
雑踏警備検定は雑踏警備のプロフェッショナルを養成する資格です。

「警備員として仕事を続けていきたい「」警備員を目指している」というかたは、ぜひ雑踏警備検定を目標にしてみてください。

また警備員の求人をお探しのかたは、ぜひ桃源警備までお気軽にご連絡ください。