BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

警備員の夜勤のメリット・デメリット

2020/11/08
警備員の夜勤には、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

▼警備員の夜勤のメリット・デメリット
警備員の夜勤にはメリットやデメリットがあります。

■夜勤のメリット
夜勤のメリットは、「給料が高いこと」が挙げられます。

警備員に限りませんが、収入を多くしたいなら、日勤よりも夜勤を選んだほうが効率的でしょう。アルバイトなど短期で働きたいかたにも夜勤はおすすめです。

また夏場の交通整理の夜勤なら、直射日光を浴びることもないので、熱中症になることもないでしょう。

同じような仕事内容でも「夜勤のほうが楽」というかたもいます。

■夜勤のデメリット
夜勤のデメリットとしては、生活のリズムが崩れやすいということが挙げられます。

仕事がある日は夜勤で、休みの日は昼頃に起きる、といったような生活スタイルだと体調を崩しやすいです。

夜勤の仕事は日頃の健康管理が大切です。

また夜は交通手段も少なくなるので、公共交通機関を利用して通勤しているかたは、遠方での仕事は難しい場合があります。

▼具体的な給料は?
夜勤だと日給10,000円前後が相場ですが、警備会社の違いや年齢によっても給料の額は異なります。

また地方よりも都心部のほうが、給料が高い傾向にあります。

▼まとめ
警備員の夜勤を希望するかたは、事前にメリットやデメリットを確認しておくと、いざ仕事をする時になって困ることが少なくなるでしょう。

警備員の夜勤の求人を探しているかたは、ぜひ桃源警備までお気軽にご相談ください。