BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

ビルで働く施設警備員の仕事内容は?

2020/11/01
ビルなどでの警備をメインでおこなっている「施設警備員」。具体的にどんな仕事内容なのでしょうか?

▼施設警備員の仕事内容
施設警備員は「1号警備」と言われる仕事を担当します。ビルや商業施設など、屋内での警備が多い傾向にあります。

具体的には施設を巡回したり車両の出入りを管理したりします。監視モニターのチェックを任される場合もあります。

▼ビル警備は座り仕事が多い
警備員は立って仕事をするイメージもありますが、ビル警備は座って仕事をすることが多いです。

警備の仕事のなかでは肉体的に楽と言われる部類ですが、もちろん仕事なので、ある程度の緊張感は必要です。

仮眠を取っていても数時間ごとに起こされたりするので、「思ったより辛い仕事だった」というかたもいます。

▼ビルで警備員をするメリット
ビル警備はさまざまなメリットがあります。

■仕事時間が決まっている
ビルの警備は複数人がローテーションで行なっています。そのため就業時間がきちんと区切られていて、無駄な残業などはありません。

ただし深夜の警備は昼夜逆転の生活になるので、体調管理を徹底する必要があります。

■60代でも働ける
60代でも働けるのがビル警備です。

「高齢になり、なかなか仕事にありつけない」というかたにも、おすすめです。

▼まとめ
ビルなどで働く施設警備員は、肉体労働の少ない仕事です。楽なわけではありませんが、体力に自身のないかたでも、できる場合があります。

「高齢だけど、まだ働きたい」というかたは、ぜひ施設警備員の求人に応募してみてはいかがでしょうか?