BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

警備員と身分証明書について

2020/10/17
警備員の仕事をする場合、身分証明書が必ず必要です。今回は警備員と身分証明書の関係について見ていきます。

▼警備員には身分証明書が必要
警備員の仕事をするには、本籍地で発行される身分証明書が必要です。
これは警備業法で定められいて、正社員でもアルバイトでも変わりません。

一般的に身分証明書というと運転免許証やパスポートを想像するかたが多いですが、警備員の場合は運転免許証やパスポートはNG。

本籍地のある役所で、身分証明書を発行してもらいましょう。「仕事で忙しく、なかなか
役所へ行けない」というかたは、郵送で請求する方法もあります。

▼身分証明書意外に必要なもの
警備員の仕事をするには、身分証明書意外にも下記の書類が必要です。

・住民票の写し
・1年以内の健康診断書

またこれ以外にも緊急連絡先を書いた書類を警備会社に提出したりもします。

また面接を受けるのであれば、履歴書も必須です。

ただし過度の心配はいらないでしょう。警備員の仕事をするにあたり警備会社から必要書類の説明が受けられますよ。

▼まとめ
警備員をするためには、本籍地で発行される身分証明書が必要です。

提出日ギリギリになって準備すると間に合わない場合もあるので、余裕を持って準備しておきましょう。また必要書類は正社員とアルバイトで異なるので、この点も注意しましょう。

警備員の身分証明書について疑問や質問があるかたは、ぜひ桃源警備までお気軽にご相談ください。